ホームページを効率良く完成するために

CSSの役割

ホームページ作成におけるCSSの役割とは

ホームページ作成にあたって、避けては通ることができないのがCSSの存在です。Cascading Style Sheetsの略で、ホームページのデザインを設定するのに用いられます。これが自在に操れるようになると、自分のホームページを鮮やかで美しいものにすることができるようになります。
ホームページ作成を学習していらっしゃる皆さんであれば、HTMLのことは非常によくご存じのことと思います。HTMLはホームページの骨組みを表現する言語ですが、このHTMLを用いることで、ホームページの簡単なデザインも指定できます。冒頭でCSSとはホームページのデザインを設定するものであると書きましたが、HTMLがあるのにどうして必要になるのでしょうか。

この理由は、主に、ホームページの構造とデザインとを分離するためです。大規模なWebサイトになればなるほど、そのソースコードも複雑になってきます。もしその根幹となるHTMLの部分に、装飾のための余計なコードがたくさん紛れていたらどうでしょうか。そのようなコードのせいで、本当に重要な部分は何なのかがわからなくなってしまいますね。デザインの部分をCSSとして分離することで、担当を分けて効率的にホームページ作成ができるようになるのです。

さらに、再利用性の観点からもメリットが挙げられます。ホームページでは、複数のページにわたって同じデザインを適用するのが一般的です。もしそれぞれ別々にデザインを指定していたら、もし何か変更が発生した時に、わざわざ1つ1つ修正しなければならなくなってしまいます。また、もし将来同じデザインでホームページ作成をしようと思い立った時に、非常に面倒な事態になります。CSSは、複数のページにわたって同じスタイルを適用できるため、手間も大幅に減らすことができます。これによって、サイト全体の統一感というものを確保することができるのです。

なお、最近では、ただ単純に文字の色や背景色を変えるだけではなく、アニメーションの指定などもできるようになり、さらに便利な環境になってきています。しかしそうであるからこそ、クライアントの環境も意識しなければなりません。新しい機能を多用しすぎると、古いブラウザでは正しく表示することができなくなってしまいます。
CSSは、現代のホームページにとっては欠かすことのできないものです。ぜひ上手に活用できるようになってください。”